洋画

「ブレードランナー」を無料で視聴できるVODサービス(動画配信サービス)をご紹介します。

「ブレードランナー(原題:Blade Runner)」は、1982年に公開されたSF映画の金字塔的作品です。フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が原作。

地球人の大半は宇宙の植民地(オフワールド)へ移住。残った人達も酸性雨が降りしきる人口過密都市で生活している2019年11月のロサンゼルスが舞台。つまり今年の11月。現実の世界ではまだみんな地球に住んでいますし、酸性雨の雨は降りしきっていませんね。ひとまずよかった(汗)

工業デザイナーのシド・ミードが作り出した退廃した近未来のビジュアルは、ブレードランナー以後のSF作品にも大きな影響を与えています。ヴァンゲリスのシンセサイザーを用いた音楽と共に作り出した世界観によっていわゆる「サイバーパンク」の代表作の一つとみなされています。

監督は「エイリアン」のリドリー・スコット。

日本語や漢字の看板、ネオンによって多国籍かつ退廃的な雰囲気を醸し出す都市風景。映画がアニメでサイバーパンク的な近未来の都市としてよく見られる都市風景の元祖と言えるこの街並みは、リドリー・スコット監督が来日した際に見た新宿歌舞伎町や、香港の景観をモデルにしています。

スターウォーズやインディー・ジョーンズシリーズでお馴染みのハリソン・フォードが主演。

ブレードランナーのバージョンの違い

ブレードランナーにはいくつかのバージョンが存在します。劇場公開版の前のバージョンを含めると全部で7つのバージョンが存在すると言われていますが、ここでは現在レンタルや配信などで鑑賞可能なバージョンについてご紹介します。

初期劇場公開版・インターナショナル版

アメリカ公開版と、カットされていたシーンを幾つか追加した日本をはじめとした世界公開版。これが一般客が鑑賞した最初のバージョンです。

ディレクターズ・カット(最終版)

公開から10年が過ぎた1992年。公開10周年を記念して再編集されたバージョンで、リドリー・スコット自身が公開当時本当にやりたかった編集によって作品を再構成しました。

ファイナル・カット

2007年。公開25周年を記念して再びリドリー・スコット監督総指揮で再編集されたファイナルバージョン。

編集による再構成だけでなく、デジタル・リマスタリングによって全体の画質や音響効果も向上しています。

また、当時クリアな画質を求めて65mmフィルムで撮影したVFXシーンだったが、当時の映写技術やテレシネ技術ではそのクオリティが発揮されていなかったため、本来をクオリティを発揮できるよう最新の技術でプリント・テレシネされました。

2016年にドゥニ・ウィルヌーヴ監督、リドリー・スコット製作総指揮のもと続編となる「ブレードランナー2049」が公開され、ハリソン・フォードも再びデッカード役として出演しました。

今現在(2019年7月)、見放題配信をしている配信サービスはAmazonプライムのみとなっています。それ以外は配信しているすべてのサービスで課金・レンタル配信となっています。ポイントがあるサービスの場合、ポイントを上手に活用することで無料で視聴できますのでチェックしてみてください。

【ブレードランナー】あらすじ

近未来のLAを舞台にして、人造人間と人間との戦いをフィルム・ノワール調で描くSF映画。ジェリー・ペレンチノ、バッド・ヨーキン提供。アメリカでは、ラッド・カンパニーがサー・ラン・ラン・ショウの協力を得て、WBを通じて配給。マイケル・ディーリーが製作し、「エイリアン」のリドリー・スコットが監督、フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(早川書房)に基づき、ハンプトン・ファンチャーとデイヴィッド・ピープルズが脚色した。製作指揮はブライアン・ケリーとハンプトン・ファンチャー、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はヴァンゲリス、特殊視覚効果監修はダグラス・トランブル、リチャード・ユーリシッチ、デイヴィッド・ドライヤーが担当。出演はハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモスなど。

2019年のロサンゼルス。危険な宇宙空間での作業用に開発された人造人間“レプリカント”4名が反乱を起こして地球に侵入。レプカリントによる犯罪に対処する刑事“ブレードランナー”のデッカード(ハリソン・フォード)は、上司のブライアントから彼らの捜索と抹殺を指示される。手始めに、レプカリント製造の最大手タイレル社を訪れたデッカードは、そこで社長のタイレル博士(ジョー・ターケル)とその秘書レイチェル(ショーン・ヤング)に出会うが……。(出典:dTV

各動画配信サイトには申し込んでから一定期間(14日間~31日間ほど)無料期間があります。この無料期間を利用すれば見放題配信されている作品を無料で視聴することができます。また、課金が必要な作品(レンタル作品)も配布されるポイントなどを利用することで無料で視聴可能となります。無料期間中の解約は自由ですが、ポイント付与があった場合、解約後はポイントの使用ができなくなるので注意してください。各サイトのサービスを上手に利用しましょう。

まずは31日間無料お試しで見放題
dTVで「ブレードランナー」配信中

【ブレードランナー】をみる

月額500円で見放題

絞込み検索はこちら

条件で並べ替え

  • dTV

    DTVアイコン

    dTVはドコモのDアカウントやDポイントといったドコモサービスとの連動が強味の動画配信サービスです。もともとはドコモユーザーのみのサービスでしたが、現在は誰でも利用できます。

    映画、ドラマ、アニメなど幅広いジャンルの見放題作品が充実。最新ドラマの見逃し配信にも対応しています。

    何といっても月額500円という圧倒的なコストパフォーマンスが魅力。最新作の配信は遅めですが、すべてのジャンルをまんべんなく網羅しており、中でも音楽作品はライブ映像やアーティストPVなども豊富で人気です。

    またDAZN for docomo(ダゾーン フォー ドコモ)というスポーツ専門動画配信サービス加入の方は、セット契約で安くなるのでお得です。

    • ディレクターズ・カット(最終版)(字幕)
    • ファイナル・カット(字幕)
    • ブレードランナー 2049(字・吹)
    月額費用無料期間配信動画数見放題作品数ダウンロード視聴
    3500円1531日間約12万作品以上8約5,000作品以上
    レンタル料金
    300円(税抜)~
    • ワンコイン(月額500円)で色んな作品を楽しみたい人。
    • ネット回線を気にせずオフラインで動画を楽しみたい人。
    • DAZN for docomoに加入している人。(お得になります。)

    12万作品が月額500円で見放題

    dTV公式サイトはこちら

    初回31日間無料

  • Amazonプライムビデオ

    Amazonプライムビデオアイコン

    通販サイトのAmazonのプライム会員になると自動でついてくる動画配信サービスです。

    プライム会員になることで、プライムビデオだけでなく音楽配信のプライムミュージックや電子書籍読み放題のプライムリーディングも利用可能です。人気映画やドラマ、アニメはもちろん、独占配信やオリジナル作品が豊富です。

    一番の特徴は料金。月間プラン500円(税込)ですが、年間プラン4,900円(税込)であれば月408円の計算になります。また学生であれば、年間2,450円(税込)のPrime Student(プライム・ステューデント)という会員になれるので月額実質204円で利用できます。

    • ディレクターズ・カット(最終版)(字幕)
    • ファイナル・カット(字幕)
    • ブレードランナー 2049(字・吹)
    月額費用無料期間配信動画数見放題作品数ダウンロード視聴
    4500円730日間7万作品以上9約9,000作品以上
    レンタル料金
    見放題
    • Amazonをよく使う人。
    • なるべく安くVODサービスを利用したい人。
    • 学生の人。
    • ネット回線を気にせずオフラインで動画を楽しみたい人。
    • 人気漫画、雑誌などの電子書籍も楽しみたい人。

    プライム特典の映画・TV番組が見放題

    Amazonプライムビデオはこちら

    初回30日間無料

本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

「ブレードランナー」の詳細情報

キャスト
スタッフ
その他のデータ
  • 公開:1982年
  • アメリカ映画
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 上映時間:116分、117分
  • 興行収入:約35億円

【ブレードランナーシリーズ】の配信状況

縦にスクロールします。

縦にスライドします。

サービス名
ディレクターズ・カット(最終版)

ファイナル・カット

ブレードランナー 2049

U-NEXT
配信なし 配信なし 課金・レンタル

FOD
配信なし 配信なし 配信なし

hulu
配信なし 配信なし 配信なし

dTV
課金・レンタル 課金・レンタル 課金・レンタル

ビデオパス
配信なし 配信なし 課金・レンタル

dアニメストア
配信なし 配信なし 配信なし

WOWOWオンデマンド
配信なし 配信なし 配信なし

Amazonプライムビデオ
見放題 見放題 課金・レンタル

TSUTAYA TV
配信なし 配信なし 課金・レンタル

Netflix
配信なし 配信なし 配信なし

DMM見放題chライト
配信なし 配信なし 課金・レンタル

Rakuten TV
配信なし 配信なし 課金・レンタル

ビデオマーケット
配信なし 配信なし 課金・レンタル

本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

まずは31日間無料お試しで見放題
dTVで「ブレードランナー」配信中

【ブレードランナー】をみる

月額500円で見放題

口コミする

『名前・ハンドルネーム』は必須となります。『メールアドレス』は任意、かつサイト上には表示されることはございません。