邦画

ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。が無料で見れる動画配信サイト

【ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。】あらすじ

台湾に住む元気いっぱいな女の子リン(ジェン・マンシュー)。日本の震災への応援コメントをFacebookに書き込んだところ、リンのもとに日本人男性モギ(中野裕太)からメッセージが届く。 モギは日本に協力的な台湾人に興味を抱き、リンへメッセージを送ったのだった。それから、リンとモギはFacebook上でやりとりをはじめ意気投合。 ついにモギは台湾を訪れ、2人は初めての対面を果たす。2100kmの距離を越えて順調に愛を育むリンとモギだが、思いもよらない最大の難関が待ち受けていた・・・。(出典:amazon

『ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は純度100%の可愛いラブストーリー。変にいやらしさが無く、とってもピュアなので、そこがたまらなく良かったです。。

しかし、中野裕太さんのセクシーさは爆発していましたけどね!

なんかただシャツ羽織って軽い感じなのに、とってもセクシーなんですよ。なんでしょうね。目つきかな。うん、セクシーでした。(何回言うねん)

そしてヒロインの台湾人、ジエン・マンシューさんも、初めて見たのですが、衝撃の可愛さ。そしてスタイルの良さ。

なのにチラッと映るタトゥーだったり、バイクに跨って後ろに中野裕太さんを乗せて走るシーンだったり、かっこよさも備えていて、とっても好きになっちゃいました...★

インスタフォローしちゃいましたもん。。皆様もぜひインスタも見てみてほしいです。。

台湾に住む女の子・リン。大学で日本語を専攻している日本ヲタク。

そんな中、ある日突然訪れた、東日本大震災。海を挟んだすぐそばでの出来事に、台湾の人々は、すぐさま義援金を送るなど、日本を沢山応援してくれていたのだ。

日本が大好きなリンも、台湾語で「頑張れ日本」とFacebookに書き込みを入れる。すると、「ありがとう台湾」とコメントに返事が。それは日本人の青年・モギからだった。

そこからリンとモギは、たわいも無い話などをメッセージでやりとりする仲になり、迎えたゴールデンウィーク。

モギは仲良しの友人2人と共に、台湾へ旅行しに行くことに。リンは台湾をガイドしてくれると言い、初めてメッセージ以外で、顔を合わすことになった。

メッセージでのやりとりや、国際電話など、リアルに人の恋愛を覗いているような感覚で、キュンキュンしましたし、とても楽しめました!!

台湾の観光地や、日本の観光地なども沢山出てきますので、旅行気分も味わえます。そして、見たら国際恋愛したくなっちゃう事間違いなし。笑

この映画は、実話を元に作られた映画で、実際のリンちゃんもとっても可愛かったです!

リンちゃん・モギサン夫婦は、SNSや著作活動に加え、日本と中華圏を行き来しながら、衣装デザインや現地のバラエティ番組などに出演されていて、日本と台湾の観光をPRするなど、お互いの国の良いところを沢山発信してくれている、素敵なご夫婦です。

2017年に行われた映画の舞台挨拶では、中野裕太さん、ジエン・マンシューさんと共にモギサン夫婦も登壇し、「台湾の風景、優しさと情熱的な部分を兼ね備えた台湾人らしさを見て、改めて台湾に行きたくなる気持ちにさせてくれるところが好きです」と語っている場面もありました。

モギサン役の中野裕太さん、リンちゃん役のジエン・マンシューさんが、共に映画編集に参加されているため、とってもクオリティも高く、素敵な作品になっています。

『ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。』是非、大切な誰かと見てほしいです☆

   
この記事を書いた人=あかにー
この記事を書いた人 あかにー
韓国とチキンと酒をこよなく愛す独身アラサー女あかにーです! 安い発泡酒を飲みながら韓国ドラマや韓国映画を見るのが大好き♪(最近値上がりしましたけどね怒) イケメンが大好物で、映画やドラマなどに登場するイケメンを見て女性ホルモンを補ってます。そうですね、気持ち悪いですね(笑) 私の推し俳優は、コン・ユ様、パク・ソジュン様、ソ・イングク様です。最高だ。その他洋画や邦画、日本のドラマなどジャンル問わず沢山見ます^▽^ 様子のおかしい(?)記事もあるかもしれませんが、お手柔らかにお願いいたします〜♪。▶楽天ROOM

ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。」はアマゾンプライムで無料配信中!

各動画配信サイトには申し込んでから一定期間(14日間~31日間ほど)無料期間があります。この無料期間を利用すれば見放題配信されている作品を無料で視聴することができます。また、課金が必要な作品(レンタル作品)も配布されるポイントなどを利用することで無料で視聴可能となります。無料期間中の解約は自由ですが、ポイント付与があった場合、解約後はポイントの使用ができなくなるので注意してください。各サイトのサービスを上手に利用しましょう。

アマゾンプライムでは『ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。』無料配信中!
ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。配信中

今すぐ【ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。】をみる

絞込み検索はこちら

条件で並べ替え

  • Amazonプライムビデオ

    Amazonプライムビデオアイコン

    通販サイトのAmazonのプライム会員になると自動でついてくる動画配信サービスです。

    プライム会員になることで、プライムビデオだけでなく音楽配信のプライムミュージックや電子書籍読み放題のプライムリーディングも利用可能です。人気映画やドラマ、アニメはもちろん、独占配信やオリジナル作品が豊富です。

    一番の特徴は料金。月間プラン500円(税込)ですが、年間プラン4,900円(税込)であれば月408円の計算になります。また学生であれば、年間2,450円(税込)のPrime Student(プライム・ステューデント)という会員になれるので月額実質204円で利用できます。

    月額費用無料期間配信動画数見放題作品数ダウンロード視聴
    4500円730日間7万作品以上9約9,000作品以上
    レンタル料金
    • Amazonをよく使う人。
    • なるべく安くVODサービスを利用したい人。
    • 学生の人。
    • ネット回線を気にせずオフラインで動画を楽しみたい人。
    • 人気漫画、雑誌などの電子書籍も楽しみたい人。

    プライム特典の映画・TV番組が見放題

    Amazonプライムビデオはこちら

    初回30日間無料

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

【ママは日本へお嫁に行っちゃダメと言うけれど。】の詳細情報

キャスト
スタッフ
その他のデータ
  • 製作年:2017年
  • 制作国:日本

口コミする

『名前・ハンドルネーム』は必須となります。『メールアドレス』は任意、かつサイト上には表示されることはございません。